買った?買ってない?男の欲しいモノ、いくらまで払えるか問題

この記事が気に入ったらいいね!をクリック

男の欲しいモノ、いくらまで払える?

男には欲しいモノがある。
たとえ高額であろうとも、喉から手が出るほど欲しいモノがある。

例えば「なんでも鑑定団」を見てほしい。
汚らしいツボや掛け軸、ブリキのおもちゃといったお宝が毎回スタジオに持ち込まれている。

相続した、借金のカタにもらったといった等の「欲しくないけどもらっちゃった」系のお宝もあることはある。だが、古臭いお宝のほとんどは、依頼者がどうしてもほしいと思って買ったものである。
そして、どうしてもほしいと思ったのは依頼者のおじさんだけで、家族は全員「そんなものいらないよ」と思っているのが常だ。
ひどい回では、「高ければ売ってぜひ家族で海外旅行を」なんて考えている奥様がスタジオに座っていることも。

男には、たとえ周りには理解されなくとも、どうしても欲しいモノがあるのだ。
そしてそれは、骨董だったり、昔のおもちゃであったり、古いモノが多い。

今回は、筆者が街で・ネットで見かけて「どうしても欲しい」と思った古いモノを紹介。値段とともに、買ったか買ってないかをまとめてみた。

大清銅幣 100円

筆者が高校生時代、東海地方の寺で開かれていた骨董市で見かけたのが「大清銅幣」。
中国を17世紀から20世紀まで支配した満州族の帝国「大清帝国」で発行された銅貨だ。
古銭コーナーよりどり100円の中から発見。
「大清」と書かれた文字から、なんとなく価値が高いだろうと考え…

即買った。

家に帰って相場を確認。落札相場は、2,000円を超えている。
筆者が買った硬貨は汚いので、価値は低いと思われるが、おトクだったのではないだろうか。

ちなみに当時同居していた母親に見せたところ、「ゴミじゃん」とのことだった。

参考リンク:オークファン「大清銅幣」の検索結果

ドミニク・ノゲーズ著「レーニン・ダダ」 3,800円

ロシア革命の祖レーニン。彼は若いころスイスのチューリヒに亡命していた。亡命先で微温的な社会民主主義者との論争を経て、「暴力革命しか道はねえ」と確信。その後、祖国の二月革命の報に接し、慌てて帰国、「四月テーゼ」を発表し革命のヘゲモニーを奪いに行く。
さて、チューリヒ時代のレーニンは、なんとトリスタン・ツァラ、ジョイス、ヘッセらダダイストが集っていたカフェの数ブロック先に住んでいた。ダダイストらが次世代の芸術とはなんたるかについて討論している数100メートル先に、レーニンやその他の怪しい共産主義者が暮らしていたのである。

そこから着想を得て、レーニンとダダイストには交流があった。いや、それどころかダダイズムにレーニンは深く関わっていた、「ダダ」はロシア語で「はい」を意味する「ダー」を二度重ねてところからきている。という嘘八百を、学術論文の体裁で証明したのが本書「レーニン・ダダ」だ。
レーニンはダダイストであり、ロシア革命はダダイズムの発露、その完成は死の床で「スターリンだけは後継者にするな」と言っておきながら指導者にスターリンが選ばれたことだ…といったハッタリ満載、抱腹絶倒の奇書である。

以前から面白いとの評判は聞いており、ぜひ欲しいと思っていた。
が、ネットでもみつからず、諦めていた矢先に京都の古本屋で発見。
「3,800円か…少し高いな」と思いつつ…

その場で買った。

ちなみに、「レーニン・ダダ」が書かれたのはソ連崩壊直後の90年代初頭。著者のドミニク・ノゲーズはれっきとしたパリ大学の教授。
本書は、単なるジョークやノリで書かれたわけではなく、イデオロギーに対する批判、硬直化したアカデミズムへの風刺といった側面もある。
本書は発行部数が少なかったからか、ほとんど古本で出回っていない。
見つけたら即買いするべきだ。

三上寛「十九歳二ヶ月十六日夜。」 30,000円

「東北の怨念」ことフォークシンガー三上寛の100枚限定LP「十九歳二ヶ月十六日夜。」を見つけたのは大学生の時だ。
おそらく新宿の中古レコード屋で見つけたと記憶している。
三上寛が上京直後に行った初ライブの音源をレコード化したもので、ファンクラブ会員に100枚限定で発売されたもの。
すべてのレコードにナンバリングがしてあり、「プレミア感」が満載のレコードだ。

なんたってあの三上寛である。
津軽出身で単身上京。
寺山修司や中上健次といった詩人・小説家とも交流を持ち、独特の暗さから「連続ピストル魔の永山則夫と少年時代友達だったらしい」という伝説(実際は同郷・同世代なだけ)まで生んだ三上寛の限定レコードだ。
お宝発掘!!と小躍りした僕はレジへ直行。
お会計をしようとしたが…

買わなかった。

なんと、値札を見ると30,000円でなく、300,000円と書かれていたからだ。
庶民派の筆者は、0が4つまでしか読めない。
1000円札300枚分っておい。
レアなのはわかるが、高すぎるだろ…。

小林かいち 絵葉書4枚セット 100,000円

0が4つまでしか読めない庶民派の筆者だが、あらかじめいっておきたい。

これは買った。

自宅に飾るのがおっかなく、祖母の家の仏壇に隠している。

大学一年生の9月。
塾の夏期講習バイトで得た全稼ぎをつぎ込んで買ったのが小林かいちの絵葉書セットだ。
田舎町の古本屋で飾ってあったのを見て、その場で貯金を全額おろし、購入。
少しまけてもらった記憶がある。

小林かいちは、大正時代に活躍した木版画家だ。
絵葉書や絵封筒の製作を行い、大正ロマンを代表する画家である。

作品は基本、4枚1セットで作られ、独特のメランコリックで叙情的な作風で知られている。
代表的な作品としては、絵葉書の4枚をトランプに見立て、帰らぬ恋人を待つ女の希望と絶望を描く「嘆きのカード」、薄紫の美しい色彩とすらっと美し女性が印象的な「星は悲しむ」などが挙げられよう。

寡作で知られる小林かいちの現存作品が田舎町で売られていたのだ!
テンションアゲアゲで即購入したのを覚えている。

ちなみに、今年2016年は小林かいち生誕120周年。また、2018年は小林かいち没後50周年にあたる。
そのため、2018年には小林かいちへの注目が一層高まることが予想されるため、作品の購入は2017年中に済ませておくのがおすすめだ。

国内で唯一小林かいちの常設展を行っている伊香保 保科美術館のリンクはコチラ

メッサーシュミット KR200 9,460,000円

中古車が欲しいなと思いながらネットショッピングをしていた時に発見。
KR200が出てる!と思い大興奮。

ドイツの航空機メーカーとして知られるメッサーシュミット社は、第二次大戦後軍需の低下から、自動車製造業に進出。
資材不足の中、とにかく安い軽自動車を製造。
それがこのKR200である。

前二輪、後ろ一輪、上方向にパカっと開くドア、コックピットのような運転席と、独特すぎるKR200は、今でもマニアに大人気。
市場に出た途端売れるため、値段が付くのを見るのも珍しい…。

早速筆者はローンを組んで…

って買えるわけねえだろ!

ちなみに、第二次大戦後の資材不足によって、自動車会社各社は居住性とスピード、安全性を軽視してとにかく「安い」車を多数製造。

これらは「マイクロカー」「バブルカー」と呼ばれ、根強いマニアが一定数いる。
イソ・イセッタ(BMW・イセッタ)やハインケル・カビーネ、富士自動車・フジキャビンといった、「制約があるからこそ面白いプロダクトが出来上がった」車がたくさんある。(ちなみに、イセッタはディズニー映画「ズートピア」劇中でネズミの乗る車として登場した…多分)

マイクロカーは耐久性が低いことから、現存車両が少ない。
必然的に中古車市場に出回ることも珍しい。
もちろん、発売されるととんでもない値段が付くのだが、金に余裕があってワイン風呂で毎晩シャンパンを飲むようなブルジョワジーの皆さんは、見かけたらすぐに購入するべきだ。

男の欲しいモノ 筆者は100,000円まで使ったゾ

他の人はいらないかもしれないが、俺は欲しい。
そんな男の欲しいモノ、筆者が購入した最高金額は100,000円だった。
読者の皆さんは、自分の欲しいモノにいくらまで払うだろうか。

この金額が、男の価値を表しているのかもしれない。

この記事を書いた人 solty
関連記事
今だからこそ聞きたい。知ったかゆとり世代が選ぶおすすめいか天バンド5選
今だからこそ聞きたい。知ったかゆとり世代が選ぶおすすめいか天バンド5選
いかすバンド天国、通称いか天。この名前に聞き覚えがあるだろうか。TBSで放送され...
とある拾いものから見る昭和と、モテない男の要素を今dappy読者にだけ伝えたい
とある拾いものから見る昭和と、モテない男の要素を今dappy読者にだけ伝えたい
あれ、今平成何年だったっけ? そう思うことって多いですよね。そんなあなたに...
飛田新地に行く前に。特に事件もなく治安が良かった件
飛田新地に行く前に。特に事件もなく治安が良かった件
友人の結婚式で大阪に行ってまいりました。 男が旅先で4人も5人も集まれば、...
狂気の”喘ぐ大根”こと、セクハラ・インターフェースが話題
狂気の”喘ぐ大根”こと、セクハラ・インターフェースが話題
昨晩10/24深夜放送の「月曜から夜更かし」で放送された、セクハラインターフェー...
俺たちの新井さんが2016年プロ野球MVPに決定!ついでにクソコラ祭りの予感!
俺たちの新井さんが2016年プロ野球MVPに決定!ついでにクソコラ祭りの予感!
日本一こそ逃したものの、今年大活躍だった広島カープ。 その中でも個人的に活...
今すぐフォローすべき期待の注目女優・タレントのインスタアカウント5選
今すぐフォローすべき期待の注目女優・タレントのインスタアカウント5選
メディアでは見ることのできない、貴重なプライベートショット満載の芸能人のインスタ...
【ポケモンGO】飽きた?飽きてない? いろんな人にインタビューしてみた
【ポケモンGO】飽きた?飽きてない? いろんな人にインタビューしてみた
ポケモンGOがリリースされて早3週間。 出雲大社が境内でのプレイを禁じたニュ...
【豆知識】ベストはどこまでボタンをしめればいいの?
【豆知識】ベストはどこまでボタンをしめればいいの?
寒さがいっそう増してきた今日この頃。 大事な打ち合わせがあったので、スリーピー...
「君の名は。」の替え歌「君の社は。」が色んな意味で泣ける件
「君の名は。」の替え歌「君の社は。」が色んな意味で泣ける件
君の名は。の主題歌「前前前世」 その替え歌「君の社は。」が話題になっています。...