東京Tinder日記~第3話 Tinder攻略法

この記事が気に入ったらいいね!をクリック

コンサル出身のヒデユキ曰くTinderの攻略法は大きく3つあるらしい。

1. 月額課金に登録する
「これは俺の仮説だけど・・」と前置きした上で「月額課金をすると飛躍的にマッチング率が上がると思うんだよね。この理由について考えてたんだけど、”アプリ運営側の理屈”なのかなと」

「どういうことかと言うと、アプリで月額課金してくれてるユーザ=上客なわけじゃない?そのユーザを”マッチングさせやすくする”ってのは運営側の意図としてあるのかなと。おそらく月額ユーザは無課金ユーザよりも上位に表示されるような仕組みになってると思うんだよね。実際、課金しない時は全然マッチングしなかったのに、課金始めた途端にやたらとマッチングするようになったから。
まずは月額登録するべきだよ。月に1000円ぐらい(2016年6月現在)だし。」

landscape-1441809108-introducing-super-like

2. Super Likeは超重要

「さっきの話しと少し被るんだけど、Super Likeはかなり重要!」

「Super Likeってのは気に入った子がいた場合、特にお気に入りであることを本人に伝えることができる機能なんだけど、無課金だと1日に1回、課金しても1日に5回しか使えないわけ。」

「だから、なんとなくで右に左にswipeするんじゃなくて、”ここぞ”って女性が表示された場合は絶対にSuper Likeを押すことをお勧めする。まーせっかく相手側に表示されても、あっちが右にswipeしてくれなかったらしょうがないんだけどね(笑)」

 

3. プロフィールの作りかた
「正直いって、ここが一番大事なんだけど、、」

「写真は”いいものを数多く”、”プロフィール文は無難に、好感がもたれるものを”この2つが大事だと思うんだよね」

「写真については、多少嘘でもいいからよく撮れたやつを使っとけ。ここでいいと思ってもらえなかったら会う気絶対起きないんだから」

「プロフィールも当たり障りないこと書いといたほうがいいよ。当然だけどマニアックな趣味とか書いててプラスになることないから(笑)」

 

一通り説明を聞き終えたメンバーは、月額課金の登録、プロフィールの編集、アプリを落としていないものはアプリのダウンロードと、各々がアクションに移しはじめた。

半信半疑ながらも、”結果を出している”ヒデユキの力説に少なからず納得していたからだ。

友人同士でせっかく集まった飲み会の最中、全員が無心でスマホをいじるという異様な光景が広がっていた

この記事を書いた人 peroro
関連記事
東京Tinder日記~第5話 初デートまでのやりとり
東京Tinder日記~第5話 初デートまでのやりとり
前回(第4話)のストーリー 初めてマッチングした女性とのやりとりを盛り上げ...
瀬尾の人生相談「キャバ嬢がアフターに来てくれません」
瀬尾の人生相談「キャバ嬢がアフターに来てくれません」
得意先に連れられて新宿のキャバクラに来た瀬尾(30)。 瀬尾はそこで二十歳のバ...
東京Tinder日記~第4話 初めてのマッチング
東京Tinder日記~第4話 初めてのマッチング
前回(第3話)のストーリー 友人のヒデユキにTinderの”お作法”を学んだシ...
東京Tinder日記~第9話
東京Tinder日記~第9話
前回(第8話)のストーリー   ぎこちない2人 恵比寿の西口...
【モテ飯】これで落ちない女性はいない!たった15分で作れる超本格的「煮込みハンバーグ」
【モテ飯】これで落ちない女性はいない!たった15分で作れる超本格的「煮込みハンバーグ」
先日、当サイトで紹介したモテ飯シリーズ。 【モテ飯】まるでステーキハウス!...
出会って5秒で…!今こそマッチングアプリを使ってほしい理由
出会って5秒で…!今こそマッチングアプリを使ってほしい理由
前回紹介した、「マッチングアプリで成果を出す男は皆〇〇!駆け引きなんてもう古い」...
不倫経験者が語る、浮気がバレないテクニック10選
不倫経験者が語る、浮気がバレないテクニック10選
「不倫」 近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者の...
【モテ飯】まるでステーキハウス!?自宅でできる極上「ステーキ」の焼き方とは
【モテ飯】まるでステーキハウス!?自宅でできる極上「ステーキ」の焼き方とは
「料理ができる男性はモテる」とはよく言ったもの。 だが、料理とは言っても、...
【神技】浮気の証拠を一掃?!スマホのホーム上にあるアプリを華麗に消す方法とは?
【神技】浮気の証拠を一掃?!スマホのホーム上にあるアプリを華麗に消す方法とは?
  「ねぇケータイ見せて?」 男性なら一度や二度あるだ...